W(ダブリュー)について

2019年11月15日

W(ダブリュー)は、女性の”働く”を応援するメディアとして、株式会社プロトソリューションが運営するオウンドメディアです。
2016年女性活躍推進法の施行により「女性活躍推進」が加速するようになったものの、働く女性が受けられる制度・仕組みについて、まだまだ認知度が低いことを課題とし、本メディアの運営をスタートいたしました。

◆名称

「W(ダブリュー)」という名称は、【Women】【Work】【Wonderful】の[W]から取っており、働く女性を応援したい、という気持ちで名づけました。

◆構想のきっかけ

「W(ダブリュー)」構想のきっかけは、私自身の妊娠・出産・復帰です。

それまで、深夜残業もいとわない!という気持ちでバリバリ仕事をしてきた私は、「ママに必要な制度」などに全く興味がなく、「育休」や「産休」という言葉は知っているものの、どういう制度なのかほとんど何も知識がない状態。

いざ自分の妊娠が発覚した時、ほぼ初めてと言っていいほど会社の就業規則を上から下まで読み、管理部門の方に制度について質問をするようになったのは大きな変化です。

入院するほどつわりが酷かった私は、「傷病手当」について知り、
妊娠時の業務についても、重労働であれば変更を相談できる仕組みがあることを知り、
お腹が大きくなり産休まで1ヶ月ほど前に、「産休前面談」を実施し、産休・育休中の制度・会社や役所に届け出なければならない書類を知り、
「母親になるためには、こんなにもたくさんの制度があるのか!」と、衝撃を受けました。

世の中には、復職ができないママ、同様のポジションに就けないママもたくさんいらっしゃいます。

そういった経験を踏まえ、世間で騒がれている『女性活躍』に俄然興味が湧いてきました。

まだ「えるぼし」認定にチャレンジしていなかった自社で、「えるぼし」担当へ立候補。
社内で情報収集をする中で見えてきた、自社の『女性活躍』の現状と課題。
無事に「えるぼし(3つ星)」認定を受けてからの周りからの反応。

その興味は自社だけに収まらず、国が主催する「女性活躍セミナー」へ参加・講師としての登壇をする中で、他社も同様に抱える”企業としての課題”も見えてくるようになりました。

◆Wへの想い

「働くママに必要な情報を伝えていきたい」
<働くママと一緒に働くメンバーにもわかりやすく、働くママに寄り添えるメディアへ>

これから女性活躍を推進する企業のご担当者にも活用いただけるように、事例も含めて紹介していきたいと思います。

世の中のママが笑顔でいられるように、
役立つ情報をお届けしていきたいと思っています。

2019年6月
玉城久子

Posted by media-w